? いろんなことをしてみるブログ(予定) 2012年02月
FC2ブログ

Acer ICONIA A100を買った

ついに、Android端末買いました

買ったのはこちら
IMG_0351.jpg
Acer ICNONIA TAB A100
ちょうどお手頃な値段だったのでポチった

画面の方パシャってみたが反射して見づらい…

先ず、root化
1.Android SDKをインストールする。

2.必要に応じてSDK ManagerよりPlatform-toolsを入れる

3.Windowsの環境変数の設定
システム環境変数のPathの最後に以下を追加

;C:\Program files (x86)\Androidandroid-sdk\platform-tools\


SDKのインストール先が標準と違う場合は適宜変えて
※↑は64bit版OSでの設定
終わったらコマンドプロンプトよりsdb Shellと叩き$だけが表示されたらOK
駄目ならもう一度見直し

4.su-2.3.6.3-efgh-signed.zipをダウンロード&解凍
→DL先(http://goo-inside.me/superuser/su-2.3.6.3-efgh-signed.zip)

5.Acer HPよりドライバをDLしてインストールしておく

6.A100を起動
・File Expartをマーケットよりインストールしておく
・設定→アプリケーション→開発 と進みUSBデバックにチェックを入れてPCとつなげる

7.(4)で解凍して出てきたファイル(「Su」、「Superuser.apk」)をsdカードルートにコピー

※ここで引っかかる
どこ見てもSDカードとあるのでSDカード側にコピーするけど上手く行かず
ここのSDカードは本体内蔵メモリの方を指す見たい
端末側から見たら
本体メモリ /mnt/sdcard
SDカード /mnt/extarnal_sdとなるので…
PCで見える「内部ストレージ」 の方のトップにコピーってことで

8.一度PCとの接続を切り、File Expartより先ほどのapkを選択してインストール

9.もう一度PCとA100を接続し

10.コマンドプロンプトで以下を叩く

adb shell
/system/bin/cmdclient ec_micswitch ‘`mount -o remount,rw /system`’
/system/bin/cmdclient ec_micswitch ‘`cat /mnt/sdcard/su > /system/xbin/su`’
/system/bin/cmdclient ec_micswitch ‘`chmod 6755 /system/xbin/su`’
exit


特にエラーメッセージが表示されなければOK

11.PCから離してFile Expartを開く

12.設定を開き、rootブラウザーにチェックを入れる
・rootがどうのってメッセージが出たら成功
テキトーにapkのバックアップ取るなりしてみる

とりあえず終了


うちはradikoとsubsonicのアプリ突っ込んでる(今のところ)
序にsubsonicの寄付も済ました(1ユーロが100円切っててビックリしたわ)

TryWiMAX使ってるけどなかなか良い塩梅、期間切れたら契約しようかな…


スポンサーサイト



2012/02/16 13:08 | PCCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

subsonicを入れてみた

まぁ、見っけたから入れてみた感じ

インストールまでの道のり

※CentOS5(さくらVPS 512)でのやり方

1.Java SDKのインストール
Javaのサイトより最新のSDKをダウンロードする
うちはSE7を入れたけど別にSE6でもOK

2.インストール

rpm -ivh jdk-7u3-linux-i586.rpm



※SE6の場合は

./jdk-6u31-linux-i586-rpm.bin



3.subsonicをDLする。
公式サイトより最新版をダウンロード
この場合は「Red Hat/Fedora installer」を
Tomcatなどの場合は「WAR version (all platforms)」

4.subsonicインストール

sudo rpm -ivh subsonic-4.6.rpm



5.RPMforgeリポリトジを追加
※エンコ用ライブラリを入れるのに必要

wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.i386.rpm

sudo rpm -ivh pmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.i386.rpm



6.エンコード機能を使うための各種ライブラリをインストール

sudo yum -y install lame flac faad2 vorbis-tools ffmpeg



7.iptablesでsubsonicのポート(TCP 4040)の設定をする

8.プレイリスト、曲保存用フォルダ作成、Permission707にする

9.subsonic起動

sudo /etc/rc.d/init.d/subsonic start



8.ブラウザでアクセス
初回設定を済ませて、あとは、日本語表示にしたり、プレイリストフォルダと曲フォルダの設定する

あとは、FTPとかで曲をUPして

こんな感じになる

2012-02-15_123917R.png



引っかかったとこ
※ファイル名に日本語があると再生されない
→転送時にUTF-8でエンコードするように設定する
自動ではなくて必ず使用するように設定する。

※タグが文字化けする
→タグの文字コードをUTF-16に変換して保存

とりあえずこの2つをしっかりしてれば無問題ですな…
俺はこの2つで1日考えたorz

2012/02/15 13:03 | PCCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |