大人のADHD②

大人のADHD

昨日、第二回目の診察へ行って参りました。

あまり気乗りはしなかったのですが、致し方なく病院へ。前回の面談内容と簡単な質問(アスペルガーの監査とADHDの検査)に答えた結果を勘案して、ADHDの傾向がかなり高いとのことでした。

緊張してドキドキしましたが、予想通りでした。自分でも、うすうすそうじゃないかと分かっていました。他の人たちと感じ方や行動が明らかに違うので、普段からいろいろ考えながら行動してきました。今更ねぇ。。。(対処法は自然と身に付きました。辛い失敗を繰り返して、学習したというか  ( ;’∀’)・・・)

 

最近、気になることは文章を読んだり、人と会話をしていて、辻褄が合わない内容にはどうしても引っかかってしまう。例えば、文章であれば、主語や目的語を抜いた文章はなかなか理解し難いです。文脈からわかるとか、流れでわかるだろって言われても、言い訳してるように思えます。ちゃんと正確に伝えなければ・・・なかなかのストレスです。でも、会社や外ではかなり頑張っていると思います。間違っていても、指摘しないように、気にしないようにしています。

 

中学の頃は、ストレートに物事を言いすぎて、ズケズケものを言う人だなぁといわれたことがあります。忘れっぽいけど、それは覚えています。成長するにつれて、なにか思ったことがあって、言いたいときも、発言の内容を吟味して、遠回しに、それとなく人を傷つけないように、発言しているつもりです。最高の防御は、押し黙って、言いたいことがあっても、我慢するときも有ります。それが一番のかわしかたです。なんだか生きづらいめんどくさい人みたいですよね。確かに。。。(:_;)

 

待っている間に紙を一枚渡され、木の絵を描くように言われました。久々に絵を描くのでワクワクして、楽しかった。(この辺が普通じゃないかも)。目を閉じて、頭にイメージが浮かぶのを待ちました。すると、だんだんイメージが鮮明に描けてきてそのまま絵にしてみました。一本の木が大きく上に向かって伸びている、大きな大きな木です。気の付け根の所には、ライオンがくつろいで寝ています。背景には大きな山々が連なっています。夢中で書いていると、妻が待っていて悪いと思い、まだ描き足りなかったけど、提出して帰路につきました。妻からはもっと簡単に書けばいいのに。と言われましたが・・・。それができないのです。簡単に木を描くことが出来ない。しっかりイメージして、確実にイメージ通りじゃないと書けない。簡単な木ってなんだ???となり、書けなくなるんです。絵を描いている最中はとても楽しかったです。もちろん、そういうもんんじゃないんでしょうけど(-_-;)

 

どう思いますか?

こんな人を。

 

マンガでわかる もしかしてアスペルガー!? ~大人の発達障害と向き合う~

家族のためのアスペルガー症候群とのつきあい方―知っていればお互いラクになる (コスミックムック)

ぼくはアスペルガーなお医者さん 「発達障害」を改善した3つの方法

もしかして、私、大人のADHD?~認知行動療法で「生きづらさ」を解決する~ (光文社新書)

大人のADHD: いつも失敗してしまう人へ。それは本当にあなたのせい?

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました