【アスリート 大谷翔平】大谷翔平から学ぶこと

仕事に役立つ記事
f:id:colofulant:20210712233830j:plain
トーナメント表

© 日刊スポーツ新聞社 ホームランダービーのトーナメント表  参照

メジャーリーグのオールスターゲームに、ピッチャーとバッターの「二刀流」として出場することになった大谷翔平選手。本日は、ホームラン競争に日本人として、初めて出場しますね。優勝本命として。がんばれっ!!

NHK総合=同午前9時5分から(生中継)。

大谷選手にまつわる数字

・27歳(1994年7月5日生まれ)

・メージャー4年目

・身長193㎝

・体重 95Kg

・1年目に右肘靭帯手術

・2年目に左ひざ手術

7/13現在、

ホームラン33本 1位  両リーグトップ

打点70 3位

打率.279 

12盗塁

もう、大谷翔平選手は雲の上の人のような存在になってしまいましたね。日本の宝から世界の宝になってしまった。二刀流というとんでもないことをやっているだけでなく、注目すべきは彼の人間性。とにかく、ブレない、ブレていない、超一流なのです。

是非、見て欲しいのが高校時代に作った目標達成管理シート(通称マンダラチャート)

 

81個の管理項目のうち、18個は野球とはかけ離れた、人間としての芯だ。

運と人間性。

運 ➡

ゴミ拾い、部屋掃除、審判さんへの態度、本を読む、応援される人間になる、プラス思考、道具を大切に使う、あいさつ

人間性 ➡

愛される人間、計画性、感謝、継続力、信頼される人間、礼儀、思いやり、感性

彼を見ていると、ちゃんと管理項目を意識して生きていることがよくわかります。

例えば、ゴミ拾い。

試合中にフォアボールで打席から1塁ベースへ行く途中でゴミが落ちていることに気づき、それをさっと拾い、お尻のポケットへさっとしまう。

私は、メージャーリーガーがピィシャッとガムたばこを噛みながら唾を吐くシーンを見て、汚ねぇーなぁーって子ども頃、思っていました。大谷選手の行動を見た後では、恥ずかしくてできないでしょうね。神聖なグランドですからね。

しかし、大選手も時にはイラつくこともあると。

たびたび審判の判定がおかしい時に、不満の表情を見せたが、その後の会見で既に客観的に自分を見て、反省していた。

やはり、プレイだけでなく、考え方がすごい人なんだ、ブレない人だ、という印象が強い。大谷選手が大活躍して、彼みたいになりたいと思って、みんなが大谷選手の目標達成管理シートを真似したら、世界平和に一歩近づけるんじゃないかと、本気で考えます。そうしたら、ノーベル賞ももらうんじゃないかと。すみません、勝手に妄想しすぎて。

大谷選手は野球を楽しんでいますよね。大谷選手と絡んでいるメージャーリーガーや審判が、みんなうれしそうにしています。

とにかく、こんな暗い世の中に、明るいニュースを連日届けてくれてありがとう。

私も、野球では真似できませんが、上記の18個は真似できるので、自分なりに置き換えて、真似して、結果を出していきたいと思いますっ!!

Thank you for reading my airticle!

Have a good life!!(^_-)-☆

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました