【Python】これから学ぶプログラミング言語 初心者の向け 

プログラミング

初心者の為のPython教室

この記事は、次のような方へ向けて書いています。

  • プログラミング初心者の方
  • これからPythonを学ぶ前に、基礎的な知識を知りたい方
  • 基本情報処理技術者試験でPythonを選択したい方
  • 中高年サラリーマンで、特に文系出身のプログラミング初心者
  • これからプログラミングを特技・技術として身に付けていきたい方

 

Pythonってなに?

プログラミング言語の数

プログラミング言語は2020年現在、ある程度のユーザー数がいる言語に限っても250以上存在します。 特定の言語の派生言語を含めると、その数は1000以上であると推測されています。
その中でも、今最も注目を集めている

初心者におすすめのプログラミング言語ランキング

1位はGoogleの三大言語の1つであるPythonです。

日本での求人数に関してはまだそこまで多くはありませんが、ランキングの基準に設けた「学習のしやすさ」「応用しやすいか」「トレンドかどうか」にマッチしているスクリプト言語。

機械学習やデータ分析に用いられることが多く、世界的に人気が高まっています。その他にも業務効率化などの幅広い用途にも使えることも魅力。

2020年 TECH Street が発表した「2020年プログラミング言語別年収ランキング」では30代部門で約546万円として5位の言語となっています。

Pythonで何ができる?

Pythonは、日々進化し続けているAI(人工知能)やIoTの分野で使われることの多い言語。他にもPythonでできる範囲は幅広く、以下のような場合に使えます。

・AI/機械学習
・Webアプリケーション開発
・デスクトップアプリケーション開発
・IoTのシステム開発
・統計やデータ分析

など、汎用性の高い言語として人気となっています。

AIの分野だけでなく、Webアプリケーションを作りたいと考えている人にもおすすめの言語とも言えるでしょう。

基本情報処理技術者試験のソフトウェア開発言語として採用

今一番の注目言語

Pythonの将来性や注目度、需要について今一番の注目言語であることが分かったと思います。そこで、試験ではこの言語を選択して是非、自分のスキルとして身に付けたいという気持ちはよくわかります。

むしろ、試験科目でPythonを勉強できて、資格試験も受かれば一石二鳥ですよね。

しかし、・・・

しかし、独学で試験合格の力を付けるのはそんなに甘くはありません。先ず、過去問が無いので対策が打ちずらい、手応えを感じずらい、そういう意味では、かなりリスクが高いです。

将来の為の自己投資

そこで、ここに関しては自分に投資をしてみてはいかがでしょうか?今この機会にPythonを勉強することは、試験関係なく有益であることは間違いないです。今から、勉強しておけば、他者との差別化になります。下記(将来性)でも述べていますが、将来的にも有望分野です。先ずは、無料お試しから始めてどんな感じか、感覚を試してみましょう。

なかでも注目は、午後試験で出題するプログラミング問題で“COBOL”言語が廃止されることだろう。“COBOL”は1959年に事務処理用に開発されたプログラミング言語で、金融系メインフレームなどで広く用いられているが、基本設計が古く、近年では新たに採用されることが少なくなっている。

代わりに採用されるのは、スクリプト言語“Python”だ。“Python”は1991年、オランダ出身のプログラマーGuido van Rossum氏によって考案されたインタープリター型プログラミング言語。コードブロックを字下げ(インデント)で表現する文法が特徴で、可読性が高いコードをコンパクトに記述できる。近年はとくに機械学習の分野で人気が高く、今回のプログラミング言語見直しでもこの点が評価されたようだ。

基本情報技術者試験のPythonはどのくらいの難易度? – シズの知識倉庫 (knowledge-warehouse-clear.com)参照

 

将来性

  • Pythonは多くの企業で採用されているため、将来性があると言えます。
  • PythonはAI開発で使用できる言語のため、将来性があると言えます。
  • Pythonはデータサイエンティストの間での需要が増加していくため、将来性があると言えます。
  • Pythonはさまざまなメリットがある将来性の高い言語です。

 

その他

コードがシンプルで、海外で人気のあるプログラミング言語。日頃お世話になっている YouTube や Instagram などの中で Python は動いています。 Web 以外では、最近注目のデータ・サイエンスやビッグデータ、AIなどの分野でも Python は活用されています。

AI/機械学習で一躍脚光を浴びた言語で、もともと自動処理や統計・解析、数学系ライブラリが発達しており、人工知能や機械学習における深層学習のデータ処理に長けていることから、多くの人工知能開発に採用されました。

構文の文法を極力単純化し、可読性を高めることで、プログラマーの作業効率と高いコードの信頼性を重視してデザインされているため、コードがシンプルで読みやすく、また可読性がプログラマーの熟練度に左右されにくいという特徴があります。

構造も必要最低限に機能を抑えた本体に対し、ライブラリや関数、分野に特化したツール類が無料で豊富に用意されているので、開発目的に合わせて機能を拡張することができます。

AI/機械学習などの分野に強いため、今後の需要も高い言語です。環境構築も簡単で、AI/機械学習以外にも様々な開発に使用できる汎用性の高さもあるため、最初に触る言語としてもおすすめです。

 

まとめ

Pythonに限らず、プログラミング言語は需要が高く、身に付けておきたい・習得したい技術の最上位の一つ。その中でも、初心者が学びやすく、しかも将来性があるPythonを私も身に付けたいと思いました。悩むより、まずは行動しましょう!!
すぐやる、コツコツやる、積み上げる‼
先ずは、気軽に無料体験でどんな感じか感覚をつかみましょう!
それから、独学でいくのか、OnLineで学ぶのか、スクールに通うのか、
じっくり考えても遅くはありません。
先ずは、走りながら考えましょう!



Thank you for reading my article!
Have a good life!!(^_-)-☆

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました